出会い系サイトのチェック

出会い系サイトのチェック
セフレの生活
人妻のピーク時
熟女のご落胤
不倫を暴く
メル友を葬れ
アダルトの抱擁
無修正の謀略
アダルトビデオの監督
カリビアンコムの法律
天然むすめが亡命
ホーム >>

シカクワガタ属


シカクワガタ属は昆虫綱甲虫目出会い系サイト科に属する分類群。大アゴは根元で大きくL字型に湾曲し、先端は二股に分かれる。
前胸背板の側面がぎざぎざになっていることも本属の特徴である。
奇抜な大アゴと背中の模様から、そこそこ人気があり、流通がある。
東南アジアの大陸部に広く分布するが、南のものほど背中の鼈甲色の模様が明瞭になる傾向がある。
寿命は半年から1年で、産卵から羽化までは1年程度。
地表部の朽木に産卵し、幼虫には菌糸ビンを使うこともできる。
[編集] 種類 [編集] 日本 1種のみが確認されている。
アマミシカクワガタ Rhaetulus recticornis 奄美大島と徳之島に生息する。
日本に生息する唯一のシカクワガタ。
シイを好む。
野生下では小型の個体が多い。
シカクワガタの亜種から独立した。
大アゴの発達もそこまでではなく、海外種程の奇抜さはない。
[編集] 世界 2種が確認されておるが、分布や差異が連続的であり、まとめるべきだとする考え方もある。
シカクワガタ Rhaetulus crenatus 中国からインドまで生息する、本属の基準種。
原名亜種 R.c.crenatus - 台湾に生息する。
スペキオススシカクワガタ R.c.speciosus - タイに生息する。
背中の模様が濃い。
最も大型になり、他のいくつかの亜種R.c.kawanoi(ベトナム北部に生息) R.c.boileaui R.c.lehmanniとともに独立種とすることがある。
R.c.boileaui - ラオスに生息する。
R.c.gardneri - ミャンマー北部に生息する。
R.c.kawanoi - 広西相続自治区、ベトナム北部に生息する。
背中の模様が存在する。
R.c.lehmanni - ミャンマー南部に生息する。
チュウゴクシカクワガタ R.c.rubrifemoratus - 福建省に生息する。
脚が赤みを帯びるが、模様は見られない。
独立種とすることがある。
R.c.fukinukii - インド北部に生息する。
ディディエールシカクワガタ Rhaetulus didieri マレー半島に生息する。
大アゴ基部の尖った突起が発達する。
9cmにもなる最大の種。
背中の後方部に模様が見られ、また脚の腿節が赤くなる。
[編集] 近縁な属 シカクワガタ属以外にも、「シカクワガタ」とつく属がいくつか存在し、シカクワガタ属と他属とでは、艶がないことで区別できる。
オオシカクワガタ属 クロツヤシカクワガタ属 ベトナムシカクワガタ属 上記以外では、フタマタクワガタ属との類似点が指摘されているほか、本属をオオクワガタ属に含める研究者もいる。

メンガタクワガタ属


メンガタクワガタ属
メンガタクワガタ属は、コウチュウ目(鞘翅目)・出会い系サイト科に属する分類群。
中部アフリカに分布し、メンガタクワガタとグラディアトールメンガタクワガタの2種のみが属する。
[編集] 特徴 オスの頭楯の上に相当する位置に発達する頭部の大きな衝立状のでっぱりが特徴的で、名前の元ともなっている。
他の出会い系サイトと同様、このでっぱりは大型のものほど発達し、オス同士に闘争の際に、相手の大アゴが自分の頭部を咬む事を防ぐ盾の役割をする。
珍しい黄褐色の体色は太陽光線に含まれる熱線の吸収を穏やかにする適応の結果と思われる。
また交尾の際に、オスがメスの背にのり、メスの頭部の前に交尾器を示してから普通の交尾姿勢に移ると言う不思議な観察例が複数ある。
メスは柔らかめの白色腐朽材の木質表面に、日本産のコクワガタと同じく(・)の様な明確な産卵痕を残して産卵する。
幼虫は半年程で羽化するが、日本の環境では性成熟するまでに半年以上という長い休眠期間を要することが知られている。
出会い系サイトの飼育愛好家小島啓史は、羽化後3ヶ月経過して休眠状態にある雌雄の成虫を、白熱電球を使い直上から暖める事で活動を開始させ、交尾産卵させる事に成功し、1日以内の交尾で30卵以上産卵する事も確認した。
一定以上の高温にさらされるまで繁殖行動を開始しない性質や、コクワガタに似た、湿度コントロールに向く産卵痕を築く性質は現地アフリカでの雨季・乾季の気候に適応した結果だと推察される。
成虫・幼虫ともに高温多湿の環境を好むとされるが、幼虫はかなり期間乾燥にも耐えることができる。
採卵自体は難しくないが、性成熟までに長い時間を要する割には、性成熟後の寿命が短いため、管理が難しい。
幼虫は菌糸ビンでの飼育も可能だが、20℃恒温での飼育では発酵マットでも大型個体の羽化が可能な事から、雨期の低温期を幼虫で過ごし、乾期の高温期に成虫が出現し、短期間に繁殖する種類である可能性が高い。
[編集] 種類 メンガタクワガタ Homoderus mellyi 黄褐色で、前胸背板の左右に2つまたは4つの黒斑がある。
メスでは前胸背板ではオスと同様だが大きめの黒斑があり、前翅は黒地に鼈甲色の線が2本上下に延びる。
属名と区別するため、メンガタ・メリーと呼ばれることがある。
グラディアトールメンガタクワガタ Homoderus gladiator 模様は大体前種と同様だが、赤みが強い。
メスの前翅は全てが黄褐色で、頭部にも赤みが見られる。
原名亜種 H.g.gladiator - ザイール・ウガンダに生息する。
ジョンストンメンガタクワガタ H.g.johnstoni - ザイール・カメルーンに生息する。
頭楯が尖る。
別種とすることもある。


タランドゥスオオツヤクワガタ
タランドゥスオオツヤクワガタ(Mesotopus tarandus)は、昆虫綱甲虫目出会い系サイト科オオツヤクワガタ属する分類される出会い系サイト。
本種のみでオオツヤクワガタ属を形成する。
[編集] 分布 アフリカ大陸西部 [編集] 形態 体長9cmにもなるための出会い系サイトの中では最長。
横幅があり、重量感がある。
大アゴもくの字型に湾曲し、がっちりとしている。
「漆を塗ったよう」と形容される強い艶が特徴で、腹側やメスにも見られる。
長い間飼育の難しい種とされてきたが、カワラ材または零芝材に産卵し、幼虫はカワラ材の菌糸ビンで簡単に発育することがわかると、そこまで難しいこともなくなった。
幼虫も成長してからは丈夫であることもわかってきた。
水分は少なめで20数度が適温と言われている。
頭部を振動させ、頭部と胸部の間で音を発することが知られている。
[編集] 分類 オオツヤクワガタ属の構成種レギウスオオツヤクワガタ(M. regius)は、本種のシノニムとすることが一般的で、事実上1属1種である。
本種の方が横幅が大きく、大アゴの湾曲が強い。
   

チリクワガタ属
チリクワガタ属は昆虫綱甲虫目出会い系サイト科に属する分類群。
6種が含まれる。
南アメリカのチリとアルゼンチンに生息する。
[編集] 形態 大アゴは体長の半分をも占めるチリクワガタ以外ではそこまで長くはない。
体表は金属光沢があるものもあるが、特に前翅では褐色のものも多い。
腹面には白い毛密集し、ジュセリンチリクワガタではこの毛が全身に及んでいる。
が頭部が極端に小さく、面積にして前胸背板の3分の1程。
このため前胸背板も頭部に接続する側がすぼみ、全体として丘のようになっている。
大アゴが発達している割りに力がないのはホソアカクワガタ属などとも同様である。
環境への適応力にも乏しい。
高温に弱く、もともとの寿命も短いためすぐ死んでしまい、また幼虫も飼育が難しい。
[編集] 種類 チリクワガタ Chiasognathus granti コガシラ(小頭)クワガタ、グラントチリクワガタ(学名から)とも。
メタリックな輝きを持ち、前翅は銀白色、縁取りが朱色。
大アゴは体長の半分をも占め、根元から先端まで細かい内歯が均等に何本も生える。
この大アゴは上向きに伸びた後、途中で下向きになる。
またこの長い大アゴと隣のところから、下向きに牙のような短いものが生えている。
チャールズ・ダーウィンが南アメリカを訪問した際にこの出会い系サイトに指を挟ませたが、意外にも力がなかったというエピソードが日記に残っており、「過剰適応」の例とされる。
この話から「ダーウィン・ビートル」と呼ばれることもある。
8cmになる本属最大種。
ラトレイユチリクワガタ Chiasognathus latreillei チリに生息する。
ショーエネマンチリクワガタ Chiasognathus schoenemanni チリ・アルゼンチンに生息する。
ジュセリンチリクワガタ Chiasognathus jousselini チリに生息する。
白い毛に覆われており、全体として灰色っぽく見える。
この毛は大アゴや脚にも生えている。
ベネッシュチリクワガタ Chiasognathus beneshi チリに生息する。
前翅が栗色で、前胸背板と小楯板が黒くなる。
ミニスゼッチチリクワガタ Chiasognathus mniszechii チリに生息する。
ベネッシュチリクワガタと似通っている。

ネブトクワガタ属
ネブトクワガタ属は昆虫綱甲虫目出会い系サイト科に属する分類群。
前翅に太い筋が縦に走っているのが特徴で、名前の由来にもなっている。
東南アジアを中心として東アジアや太平洋の島々にも分布する。
生態学的にはツメカクシクワガタ属などのようにシロアリが枯れ木を摂食することによって分解し、窒素化合物などの栄養素が濃縮された土状の朽木を幼虫が餌とするように進化した系統のひとつである。
構成種は200種を越える。
ほぼ全てが体色が黒色であり、1〜2cmの小形種が多く、大型のものでも5pほどであり、そこまで人気はないが、雄の大顎がオオクワガタと似ているなど、他の小型種に比べて出会い系サイトらしい体つきをしていると言える。
殆どの種が大顎の根元に内歯を持つ。
[編集] 種類 [編集] 日本 ネブトクワガタ Aegus laevicollis 中国に生息するラエビコリスネブトクワガタの亜種として位置づけられている。
小さいために生態に関心がある愛好家以外には関心を持つ者が少なく、一般愛好家向けの書籍などで取り上げられることも稀である。
広葉樹を好む他の出会い系サイトと違い、マツなどの針葉樹の朽ち木のシロアリの活動で生成したフレーク質の部分にもよく産卵することが知られている。
これは冒頭に記したようにネブトクワガタ類の幼虫が食べるのは朽木そのものというよりも枯れ木をシロアリが食べて分解し、排泄することによって形成された土状の腐植であり、もともとの材の樹種の影響をあまり受けないこと、シロアリが好んで食べる材のひとつがマツであり、マツの枯れ木はかなりの高頻度でシロアリの摂食活動に曝されていることなどによる。
成虫の食物は大型の出会い系サイトの多くと同様に広葉樹から出ている樹液であり、成虫は針葉樹の林に生息するというわけではない。
シロアリの活動が必須なため、繁殖できる木の好みがうるさく、特定の環境でしか採集できないとも言われる。
ネブトクワガタ A.l.subnitidus - 本州・四国・九州に生息する。
ハチジョウネブトクワガタ A.l.fujitai - 八丈島に生息する。
トカラネブトクワガタ A.l.adei - トカラ列島に生息する。
ナカノネブトクワガタ A.l.asaii - 中之島に生息する。
ガジャジマネブトクワガタ A.l.matsushitai - 臥蛇島に生息する。
オキノエラブネブトクワガタ A.l.tamanukii - 沖永良部島に生息する。
アマミネブトクワガタ A.l.taurulus - 奄美諸島に生息する。
オキナワネブトクワガタ A.l.nakanei - 沖縄本島・座間味島に生息する。
イへヤネブトクワガタ A.l.doii - 伊平屋島に生息する。
ヤエヤマネブトクワガタ A.l.ishigakiensis - 石垣島・西表島に生息する。
ヨナグニネブトクワガタ A.l.mizumumai - 与那国島に生息する。
オガサワラネブトクワガタ Aegus ogasawarensis 小笠原諸島に生息する。
原名亜種 A.o.ogasawaraensis チチジマネブトクワガタ A.o.chichijimaensis - 父島に生息する。
[編集] 日本以外 アンプルスネブトクワガタ Aegus amplus ネブトクワガタとしては比較的大きい部類に入る。
プンクティペンニスネブトクワガタ Aegus punctipennis カリマンタン島に生息する。
内歯が星型になるため、一時期注目を集めた。
グランディスネブトクワガタ Aegus grandis フィジーのビティレブ島に生息する。
大アゴの根元に2本の内歯がある。
クランネブトクワガタ Aegus currani ルソン島に生息する。
6cmを越える最大のネブトクワガタ。
キルステンネブトクワガタ Aegus kirsteni カリマンタン島のサバ州に生息する。
インプリカトゥスネブトクワガタ Aegus implicatus スラウェシ島に生息する。
中央付近の内歯から先端にかけて細かい内歯が並ぶ。
フィリピンネブトクワガタ Aegus phillippinensis 大アゴは平べったく、内歯が中央に1本あり、先端は丸まっている。
原名亜種 A.p.phillippinensis - ルソン島・ミンダナオ島・シブヤン諸島や周辺の島々に生息する。
A.p.girardi - レイテ島・パナオン島に生息する。
A.p.newtoni - ネグロス島に生息する。
A.p.banggaiensis - ペレン島・マンゴーレ島に生息する。
チェリフェルネブトクワガタ Aegus chelifer 内歯の付き方など基本的な構造はオオクワガタに似るが、平べったく、雰囲気はヒラタクワガタに似る。
原名亜種 A.c.chelifer - インドシナ半島に生息する。
A.c.nitidus - マレー半島・スマトラ島・カリマンタン島と周辺の島々に生息する。
A.c.kandiensis - スリランカに生息する。
A.c.crassodontus - ベトナムに生息する。
アウグスタヌスネブトクワガタ Aegus augustanus ニューギニア島に生息する。
大アゴは細く太さが一定で、先端は丸まっている。
メスの体表はざらざらしている。
フォルニカトゥスネブトクワガタ Aegus fornicatus スマトラ島に生息する。
複眼後方突起が発達する。
プラティオドンネブトクワガタ Aegus platyodon モルッカ諸島・カイ諸島・ニューギニア島に生息する。
オスの大アゴは内歯が星型になる大型種。

関連項目

財産に対する害

  • シロアリ:木造家屋に害を与える。
  • フナクイムシ:二枚貝の一種で、海水中の木材を喰う。
    木造船に害を与える。
  • シミ:紙製品、書籍などに害を与える。
  • イガ:衣服を食害する。
    他に、ヒョウホンムシ、カツオブシムシなど、衣服や毛皮を食害するものがある。
  • コナダニ:小麦、砂糖などに発生する。
  • アリ:人家にすむものは、食品や砂糖などを食害し、切手の糊を食害した例もある。

Yahoo!検索

無料のレンタルサーバー sutpin.com